大阪の写真館徹底解剖 > 写真館の基本情報 > 写真プリントの大きさ種類について

写真プリントの大きさ種類について

Pocket

写真撮影でのちょっとした知識

昔は写真を撮るのにはピントを合わせたり手ぶれを防ぐのに随分と苦労をしましたが最近はデジタルカメラもスマホのカメラもオートフォーカス機能が付いていて簡単に写真撮影が楽しめる仕様になっています。
カメラにはいくつものタイプや種類がありますが誰でも手軽に綺麗な写真が撮れるデジタルコンパクトカメラについて少し紹介したいと思います。

サイズもコンパクトで軽量なコンパクトデジタルカメラはカメラの市場で最も販売数が多いタイプになります。
レンズ交換などの手間もなく、経験のない初心者でも撮影ができるところが人気のポイントです。

高級カメラと言えば一眼レフカメラで昔はフィルムタイプがほとんどでしたが最近はデジタル一眼レフカメラが主流になっています。
では、コンパクトカメラと一眼レフカメラの違いはどこにあるのでしょう。

一番の違いは画像の素子数にあります。
素子の数値が大きければ大きいほど画像が高解像度になり質の高い写真になります。

コンパクトカメラはコンパクトな分搭載サイズに限界があり素子数の大きさに合わせたレンズを装着することが可能な為サイズの大きい写真にしても綺麗に写すことができるという訳です。
ただ持ち運びには不便なため個人で楽しむレベルであればコンパクトカメラで十分だと思います。

写真プリントの大きさ種類について

先程画像の素子数について紹介しましたが写真の状態を証明する数値として画素数というものがあります。
素子数の高いものが画素数も高い高画質になりますがどのくらいがいいのかイマイチ分かりにくいと思います。

また写真のサイズでL・2Lという表記もありますがそれがどのくらいなのかもピンとこないこともあるでしょう。
このあたりについて少し解説したいと思います。

まずカメラの画像のサイズには縦横のサイズがあります。
縦横比と呼ばれるものがそれですが、一般的なコンパクトカメラは4:3の比率になっています。
L判のサイズでそのままプリントすると上下の部分がプリントよりも大きくなりカットされてプリントされることになります。

これが一眼レフになると縦横比が3:2になり少し横長になるためこちらの場合は両サイドが少しカットされてプリントされることになります。
コンパクトカメラで撮影した写真をプリントするのに一番適しているのがDSCサイズと呼ばれるもので縦横比が4:3に最も近くなっています。

一眼レフではL判、コンパクトカメラではDSCを基準にプリントすれば自分が思った形に一番近い状態でプリントができます。
参考にしてください。

関連記事

大阪の写真館おすすめ

HONEY&CRUNCH(ハニーアンドクランチ)

料金

台紙&データ 19,800円~
「130〜300カットの全撮影データDVD」がついたコースは毎月「特別キャンペーン」を開催
データDVDのみコース 19,800円(4カット)~44,800円(全データ)
全プリント写真付コース 34,800円

衣裳

店舗概要

店舗数 大阪天満宮南森町・心斎橋北堀江・豊中千里中央・高槻茨木・堺東・神戸三宮・西宮北口・京都に9店舗
営業時間 09:00〜19:00(火曜撮影定休・電話受付は営業)
SNS facebook insta line
その他 ・LINEでのお届けも無料で可能
・時間内はお衣装着放題
・兄弟での追加料金なし

公式サイトはこちら

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
HOME

アクセスランキング

写真館の基本情報

撮影メニュー

大阪の写真館一覧

© 2018 大阪の写真館徹底解剖