大阪の写真館徹底解剖 > 写真館の基本情報 > 命名式とお七夜の違いって?記念写真は撮るべき?紹介します!

命名式とお七夜の違いって?記念写真は撮るべき?紹介します!

Pocket

赤ちゃんが生れたら、赤ちゃんの誕生を祝うことや、健やかな成長を願うための行事があります。

しかし、出産後は何かと忙しいですし行事には様々な種類があるため、どうしたら良いのかわからないと悩んでしまう親御さんも多いです。

そのため、今回はそんなときのために赤ちゃんが生まれたときの行事・お七夜と命名式についてご紹介します。

簡単に説明すると、お七夜は赤ちゃんが誕生してから7日目に行い、これから健やかに成長していくことを願うための行事です。

そして、命名式はお七夜で行われる、赤ちゃんに命名するための式です。

つまり、この二つの違いとは「行事の名前」と「行事の中で行われる式の名前」ということなのです。

そのため、お七夜と命名式は同じ日に行われます。

それでは、この二つをもう少し詳しく解説していきます。

まず、お七夜では赤ちゃんの健やかな成長を願うために家族が集まります。

基本的には赤ちゃんとその兄弟や両親が参加しますが、場合によっては祖父母や親しい親戚を招いても良いです。

一般的には自宅で行われることが多く、神社などへ行く必要はありません。

また、服装や料理に関しても特別な規定はありません。

そのため、自宅でホームパーティーのような感覚でラフに行っている家庭も多いです。

一方、産後の赤ちゃんや母親は体調の変化が起きやすいため、準備や当日にあまり負担のかからないものが推奨されています。

そして、命名式では赤ちゃんにつけた名前と生年月日を、命名札などに記入してその赤ちゃんに名前が与えられたことを記念します。

文字を書く人に関しても特に規定はありません。

名付けた人が書く場合もあれば、両親のどちらかが書くことや、文字の得意な人にお願いするという場合もあります。

また、記念撮影に関しては必ず行わなくてはいけないものではありませんが、しておくことをお勧めします。

家族にとっても記念になりますし、赤ちゃんが成長してから写真を振り返ると、自分が生れて、愛されていたと実感することができると嬉しい物です。

写真館に命名札を持参して一緒に摂ってもらうのはもちろん、難しい場合は自宅での撮影でも構いません。

是非、思い出の一枚を残しておいて下さい。

以上が、お七夜と命名式についてです。

赤ちゃんの誕生を喜び、今後の健やかな成長を願うためにも大切な行事ですので、是非参考にしてみてください。

関連記事

大阪の写真館おすすめ

HONEY&CRUNCH(ハニーアンドクランチ)

料金

台紙&データ 19,800円~
「130〜300カットの全撮影データDVD」がついたコースは毎月「特別キャンペーン」を開催
データDVDのみコース 19,800円(4カット)~44,800円(全データ)
全プリント写真付コース 34,800円

衣裳

店舗概要

店舗数 大阪天満宮南森町・心斎橋北堀江・豊中千里中央・高槻茨木・堺東・神戸三宮・西宮北口・京都に9店舗
営業時間 09:00〜19:00(火曜撮影定休・電話受付は営業)
SNS facebook insta line
その他 ・LINEでのお届けも無料で可能
・時間内はお衣装着放題
・兄弟での追加料金なし

公式サイトはこちら

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
HOME

アクセスランキング

写真館の基本情報

撮影メニュー

大阪の写真館一覧

© 2018 大阪の写真館徹底解剖