大阪の写真館徹底解剖 > 写真館の基本情報 > 子供の成長を願うお食い初めのやり方や服装と記念写真の撮り方

子供の成長を願うお食い初めのやり方や服装と記念写真の撮り方

Pocket

お食い初めは、生まれて来た子供が一生食べ物に困らない事と、石の様に固く丈夫な歯が生える事を願う儀式で、地方によっては「百日祝い(ひゃくにちいわい)」や「歯固め」、「箸始め」や「真魚始め(まなはじめ)」等とも呼ばれております。一般的には生後100日目頃を目安に行いますが、地方によっては110日や120日目に行われる場合も有りますが、家族や親族の都合に合わせ良い日取りで行う事が一般的になっております。お食い初めの儀式を行う場合、次の4つの物を準備します。食器、祝い箸、料理、歯固め石です。食器は漆塗りの食器が良いとされておりますが、現代は離乳食等で使用する通常の食器でも問題有りません。又、箸も柳で作られた両先端が細くなっている物を使用しますが、ご家庭で使用している箸を使用しても問題ありません。次に準備する料理は、鯛等の尾頭付きの焼き魚、鯛やハマグリ等を使ったお吸い物、煮物、香の物、更に赤飯等の5品を準備する事になります。又、歯固め石は、お宮参りした神社から授かったり、近くの河原で拾った物でも良く、丸みの有る直径2~3cmの小石を1個から3個準備します。次に実際のお食い初めやり方ですが、基本的に家族の年長者が箸を使い子供に食べるマネをさせます。その際、子供が男の子で有れば男性、女の子で有れば女性に頼む様にします。又、最近は年長者に拘る必要も無く両親が行う場合も多く見られる為、余り拘る必要も無いと考えます。食べさせるマネは、ご飯→お吸い物→ご飯→魚→ご飯の順番で3回繰り返し、その後、歯固めの石の儀式を行います。歯固めの儀式は、用意した石に箸を触れさせその箸を子供の歯や歯茎に軽く触れさせ、石の様な丈夫な歯が生える事を願いながら行い、お食い初めの儀式が終了します。子供の健やかな成長を願うお食い初めの儀式は、子供を中心とした儀式では有りますが、子供の成長を願う親を始め親族にとっても大切な儀式と言えます。そんなお食い初めを行うに当たって参加される子供や両親、更に親族がどの様な服装で参加するのかを考えた場合、ご自宅等の極限られた方々で行う場合は、余り形式ばったフォーマルな服装に拘る必要は無く、カジュアルな服装で参加しても問題ありません。又、子供はお宮参りで使用した着物を仕立て直した物や、両親に合わせたカジュアルな服装でも問題ありません。又、ほとんどの家庭では、お食い初めの儀式を記念した記念写真を撮ると考えます。その際は、お食い初めの子供が主役で有る事から、子供を中心とした写真撮影が望ましいと考えます。又、子供と両親だけの写真や親族全員が入る写真等も、子供が大きくなってからの記念になる為、お食い初めの儀式の雰囲気が伝わる写真にする事に気を付けましょう。

関連記事

大阪の写真館おすすめ

HONEY&CRUNCH(ハニーアンドクランチ)

料金

台紙&データ 19,800円~
「130〜300カットの全撮影データDVD」がついたコースは毎月「特別キャンペーン」を開催
データDVDのみコース 19,800円(4カット)~44,800円(全データ)
全プリント写真付コース 34,800円

衣裳

店舗概要

店舗数 大阪天満宮南森町・心斎橋北堀江・豊中千里中央・高槻茨木・堺東・神戸三宮・西宮北口・京都に9店舗
営業時間 09:00〜19:00(火曜撮影定休・電話受付は営業)
SNS facebook insta line
その他 ・LINEでのお届けも無料で可能
・時間内はお衣装着放題
・兄弟での追加料金なし

公式サイトはこちら

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。
HOME

アクセスランキング

写真館の基本情報

撮影メニュー

大阪の写真館一覧

© 2018 大阪の写真館徹底解剖